眠りのレシピ

  • すべて
  • 眠り
  • 寝具
  • リラクゼーション
  • ライフスタイル
眠り

眠り
の記事一覧

loading
  • 夫婦円満は睡眠から

    夫婦円満は睡眠から

    普段は“仲の良い夫婦”と自覚していても、なぜか今日は、理由もないのにパートナーの機嫌が悪く、こちらが何を言ってもいちいち反論。些細な言い合いから大きな喧嘩に発展していく、なんて経験をお持ちの夫婦、特にそんな“被害”を受けたことのある男性も多いのではないでしょうか。

  • 快眠のツボ

    快眠のツボ

    なかなか寝付くことができなかったり、あまり深く眠ることができずに、夜中に何度も目覚めてしまったり。もちろん、様々な要因がありますが、就寝前にリラックスする時間を設けて精神を安定させることで、質の良い睡眠が得られると考えられています。

  • 夢のコントロール

    夢のコントロール

    睡眠中に見ている夢なのに、夢だとはっきりと分かっていて、夢の中の自分の行動をコントロールできる…。レオナルド・デカプリオ主演で話題となった映画「インセプション」でも描かれ話題となった概念ですが、実はこれ、単なるフィクション世界の“作り話”ではなく、訓練によって多くの人間が体験できる、かなり“現実的”な話であるといわれているのはご存知でしたか。

  • 動物の睡眠時間

    動物の睡眠時間

    睡眠時間は人によってバラつきがあるもの。大人であれば6~8時間程度の睡眠が理想とされていますが、毎日8時間眠っても物足りないと感じる人もいれば、4時間程度の睡眠で平気という人も。筆者自身は長く眠らないとダメなタイプなので、短い睡眠で体力が回復できる人のことは、心の底からうらやましいです。

  • お酒を飲むと眠れる?眠れない?医師に聞く“アルコールと睡眠の関係”
  • ブルーライトと睡眠の関係

    ブルーライトと睡眠の関係

    パソコンやスマートフォンの普及に伴い、それらの液晶画面から発せられる“ブルーライト”といわれる青い光が眼精疲労やドライアイ、視力低下を引き起こすなどという話をよく耳にするようになりました。さらに、近年では眠りとの関係が話題になっています。

  • 国が進める睡眠指針とは?

    国が進める睡眠指針とは?

    2014年3月、厚生労働省から「健康づくりのための睡眠指針2014」が発表されました。2003年度に初めて策定されて以来、11年ぶりの改定になった背景には、この10年の間に「睡眠と病気の関係について」の研究が急激に進んだ事実があると考えられています。

  • 世界の平均睡眠時間

    世界の平均睡眠時間

    経済協力開発機構(OECD)が2009年に、加盟している30の国々から、国民の時間の使い方に関するデータを収集。その中には、「平均睡眠時間」に関するデータも含まれていました。それによると、1日当たりの平均睡眠時間が最も長い国はフランスで530分、すなわち9時間近く睡眠を取っていることになっています。

  • 睡眠のSOSのサイン

    睡眠のSOSのサイン

    平成26年4月、厚生労働省より発表された「健康づくりのための睡眠指針2014」の中に、“睡眠とこころの健康の関係”について書かれている項目があります。昨今、私たちの周囲で仕事のストレスや日常生活の悩みなどを原因とした“うつ病”に悩んでいる社会人の話をよく耳にするようになりました。

  • 職業別睡眠時間

    職業別睡眠時間

    人によって必要な睡眠時間は違いますが、世の中には、しっかり眠りたいのにも関わらず、充分な睡眠時間を得ることができない人もたくさんいます。その要因となるのは、社会的立場や職業によるものがほとんどでしょう。

最近見た商品