眠りのレシピ

  • すべて
  • 眠り
  • 寝具
  • リラクゼーション
  • ライフスタイル

すべて
の記事一覧

loading
  • 朝美人になるポイント

    朝美人になるポイント

    スッキリ目覚められない日は、朝から不機嫌になってしまいがち…。眠たいのはわかりますが、それを顔や態度に出すのはマナー違反。朝から爽やかに活動できる人には、自然と人気も人望も集まります。

  • うっかり起きないために

    うっかり起きないために

    ついつい寝すぎてしまって、寝坊してしまうことが多い人にとってはむしろ羨ましいと感じるかもしれませんが、「朝早く目覚めてしまう」というお悩みも少なくないようです。

  • 夜中の目覚めの回避法

    夜中の目覚めの回避法

    ぱっと目が覚めると夜中の2時…。というような夜中に何度も起きてしまうという悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか?たとえ睡眠時間が長くても、その間に何度も目が覚めてしまっては、ぐっすり寝た気になれませんよね。

  • 快眠入浴法

    快眠入浴法

    睡眠に関する悩みはいろいろありますが、「寝つきが悪い」というのもよく聞く話ですが、アンケートでは、7割の方が快眠をために何もしていない結果が出ています。

  • 眠れないときの原因とすぐに寝る方法

    眠れないときの原因とすぐに寝る方法

    日中にそれほど睡眠不足というわけでもないのに、どうしようもなく睡魔が襲ってくることはありませんか?会社のデスクでガクっとなって慌てたり、ソファに座ったまま気づいたら眠っていたなんて経験は誰しもあるのではないでしょうか。

  • 睡眠で美人に

    睡眠で美人に

    キレイになるにはお金がかかる、なんて思っていませんか?高級コスメやエステで得られる効果に負けずとも劣らない、そのうえ無料でできちゃう美容法があったら、絶対に試したいですよね。

  • つらい腰痛の原因は!?

    つらい腰痛の原因は!?

    最近は、高齢者だけでなく、若い世代や女性にも増え、国民病ともいわれている腰痛。アンケートでも3割以上の方が腰痛で悩んでいると答える結果がでています。

  • 〇〇は美容に悪影響

    〇〇は美容に悪影響

    肩こりで悩む若い女性も増えています。アンケートでも、48.8%の方が肩こりに悩んでいることがわかりました。肩こりを放置していると、頭痛などの体調不良を引き起こしたり、たるみやくすみを誘引したりと美容にまで悪影響をおよぼすのだそう。

  • キャンドルのゆらぎ

    キャンドルのゆらぎ

    睡眠感や、疲労回復が実感できる“質の良い睡眠”を得るためには、就寝に至るまでの「助走時間」の過ごし方が大切だと言われています。人間は“朝目覚め、夜眠る”という太陽の動きと連動したサイクルの中で生活を送っています。

  • キャンドルの配置

    キャンドルの配置

    就寝前のリラックスタイムを優しく演出してくれるキャンドル。その配置を工夫することで、さらに心地よい時間を過ごすことができます。

最近見た商品