2020年12月25日 カテゴリ:眠り

スリープマスターおすすめ!一枚プラスして、寒い季節もぐっすり眠れるアイテムをご紹介

loading
スリープマスターおすすめ!一枚プラスして、寒い季節もぐっすり眠れるアイテムをご紹介
冬になると身体が冷えてしまい、寝つきが悪くなったり、熟睡できなかったりしますよね。そこでおすすめなのが「インナーケット」です。薄手なのに温かく身体を包み込んでくれ、心地良い睡眠に誘ってくれます。また、日中の体温も睡眠に大きな影響が…。そこで、昼間も温かく過ごすアイテムもご紹介します。
 
 

軽くて薄いのに、しっかりと温かいインナーケット

西川の「WARMFEEL(ウォームフィール)」はとろけるような肌触りと温かさを実現したインナーケットです。あったかインナーに使用される肌触りの良いニット素材を側生地に採用。しっとりとやさしい肌触りが魅力です。詰めものには、吸湿発熱わたをミルフィーユのように重ねてドレープ性を高めているので、薄くて軽いのに温かいんです。身体から出る汗や湿気を熱に変換してくれ、機能性も抜群。ムレがちな寝床内を心地良い環境に整えてくれます。
また、薄くて軽いので家庭用の洗濯機での洗濯も可能。繊維に接触したハウスダスト(ダニの死骸・スギ花粉)に含まれるアレル物質を軽減する加工を施しているので、小さなお子さんがいるご家庭にもおすすめです。



この「WARMFEEL(ウォームフィール)」は、羽毛ふとんと組み合わせて使用するが◎。ふとんとインナーケットだけでもしっかりと温かい寝床になり、しかも軽いので身体に負担もかけません。

おすすめ商品
ウォームフィール レギュラータイプ 38,500円




 

日中の低体温が眠りを妨げる!?

人間の体内時計は24時間より少し長い周期を持っています。1日の体温の変化と眠気には深い関係があります。手足から熱が放出され深部体温が下がると、眠気を感じます。 活動量が多い日中は体温が上昇し、体温が上がっている状態はベストなパフォーマンスが発揮しやすいことがわかっています。逆に、体温が下がっている状態は、活動量も低下し睡眠の質の低下にも繋がります。
 
本来であれば、 自然なリズムで放熱が進み、眠気に繋がりますが、これがうまく作用しないと入眠の妨げとなり、睡眠の質の低下に繋がります。日中に身体が冷えてしまった場合、 しっかりとあたためてから入眠することが重要になります。
 
そこでおすすめなのがダウンの小物です。今年は自宅で仕事をする人も増えました。日中、デスクで仕事をしていると意外と体は冷えるもの。ダウンの小物を取り入れて昼間から身体を温めましょう。
 
おすすめ商品
西川プレミアム ダウンひざ掛け(マルチケープ) 19,800円

****
 
寒い季節は身体がこわばってしまい、不調になりがちです。ほっこり温まるアイテムを取り入れて、ぐっすり眠れる環境を整えましょう。そうすれば、心も身体も健やかになりますよ!

       

スリープマスター

富下 瞳

眠りのスペシャリスト「スリープマスター」は、西川・日本睡眠科学研究所認定の資格取得者。眠りのメカニズムや、寝具についての知識を保有し、快適な睡眠環境づくりのアドバイスを行います。テレビ・ラジオ・雑誌など多方面のメディアで幅広く活躍しています。

この記事を見た人はこんな商品に興味を持っています

最近見た商品

この記事に関連するキーワード

スリープマスターおすすめ!一枚プラスして、寒い季節もぐっすり眠れるアイテムをご紹介

この記事が気に入ったら
いいね!しよう