寝具の衣替え特集 寝具の衣替え特集

長かった冬も終わり、ようやく春がやってきました。
季節の変わり目は、寝具の衣替えにも最適なタイミング。衣類と同じように、寝具も気温に合わせて使うことで睡眠の質もぐっと上がります。
今回は、春から夏にかけて心地よく眠るための寝具の選び方やおすすめアイテム、冬布団の正しい収納方法、さらに、西川が提案するサービスをご紹介しましょう。

春から夏にかけての寝具を選ぶポイント

  • 素材
    素材そのものに吸湿性や放湿性がある、ウールやシルクなどの天然素材を使った寝具がおすすめです。麻はサラリとした肌触りが心地良いだけでなく、発散性にも優れているので汗をかきやすい春や夏に最適です。
    素材
  • お手入れのしやすさ
    だんだん暑くなってくるこれからの季節は、寒い時期よりも睡眠中の汗や皮脂汚れが寝具に付着しがちです。晴れた日に外干しするだけでは、衛生面が少々心配です。清潔さを保つためにも、気軽に洗濯機で洗えるアイテムを選びましょう。
    手入れしやすさ
  • 寝室環境にあわせて
    快適な睡眠には、布団の中を適切な温度、湿度に整えることが大切です。理想は温度33±1℃、湿度50±5%。気温が高くなり始める初夏からはボリュームを抑えた掛け布団や、吸湿性の高い寝具を組み合わせて環境を整えたいところです。
    寝室環境にあわせて

\ ポイントごとのおすすめアイテム /

素材で選ぶ

春・夏におすすめの素材

発散性と通気性に優れているため、初夏から夏にかけておすすめの素材です。伝統的な技法によって作られた“近江ちぢみ”で染め、織り、仕上げた「kinofu」は、ハリのある肌触りをお楽しみいただけます。

シルク

人間の肌に最も近い天然繊維といわれる生地で、滑らかな肌触りが魅力です。吸放湿性、保温性が良く、湿気の多い梅雨時期や春、秋に最適です。「ソワージュ」の寝具は洗濯機で洗えるので衛生面も安心です。

綿

「綿花」から採れる植物繊維は、保温性、吸湿性、弾力性ともに優れ、タオルケットやシーツなど幅広く使用されています。年間を通してご使用いただける万能な素材です。

麻敷きパッド

麻敷きパッド

サラリとした肌触りが爽やかな麻敷きパッド。

[価格]
¥16,500(税込)~
[カラー]
ピンク/ブルー
[サイズ]
100cm×205cm~
麻肌掛け布団(ウォッシャブル)

麻肌掛け布団(ウォッシャブル)

発散性と通気性に優れた麻素材。暑い夜に最適!

[価格]
¥44,000(税込)
[カラー]
ピンク/ブルー
[サイズ]
150cm×210cm

シルク

洗えるシルクのおふとん

洗えるシルクのおふとん

肌に優しく、保湿力に優れているシルクのお布団。洗濯機洗い可能。

[価格]
¥33,000(税込)
[カラー]
ブルー/ピンク
[サイズ]
150cm×210cm
ピローケース

ピローケース

睡眠中の肌を守る、シルク素材のピローケース。

[価格]
¥9,350(税込)
[カラー]
アイボリー
[サイズ]
90cm×43cm

綿

綿毛布

綿毛布

手触りがなめらかなオーガニックコットンを使用。小花柄がやさしい雰囲気に。

[価格]
¥8,800(税込)
[カラー]
ブルー/ベージュ
[サイズ]
140cm×200cm
ガーゼケット(先染め3重ガーゼ)

ガーゼケット(先染め3重ガーゼ)

綿×ウールの素材で肌寒い夜も快適に。

[価格]
¥11,000(税込)
[カラー]
ブルー/ラベンダー
[サイズ]
140cm×190cm

お手入れのしやすさで選ぶ

掛け布団カバー

掛け布団カバー

つけ替え簡単な両サイド全開ファスナー付き。

[価格]
¥11,000(税込)~
[カラー]
ブルー/グレー
[サイズ]
150cm×210cm~
掛け布団カバー

掛け布団カバー

ホックでカバーを留めるタイプなのでカバーの付け替えが楽です!

[価格]
¥7,700(税込)~
[カラー]
ピンク/ブルー/ベージュ/ブラウン/グリーン/ホワイト/アイボリー/グレー
[サイズ]
150cm×210cm~
クイック®シーツ

クイック®シーツ

さらりと滑らか。簡単装着できるストレッチ素材。

[価格]
¥5,280(税込)~
[カラー]
ブルー/ベージュ/ブラウン/ダークブルー/ピンク/ホワイト
[サイズ]
(ヨコ)85~120cm×(タテ)180~210cm
枕

菌の繁殖を抑える制菌加工!洗える枕。

[価格]
¥5,500(税込)
[カラー]
ホワイト
[サイズ]
58cm×38cm
合繊肌掛け布団

合繊肌掛け布団

菌の繁殖を抑える制菌加工を施した、洗えるお布団。

[価格]
¥10,780(税込)
[カラー]
ホワイト
[サイズ]
150cm×210cm

寝室環境に合わせて選ぶ

羽毛肌掛け布団

羽毛肌掛け布団

春先はこれ1枚で。肌寒い夜はこれを1枚プラスして。

[価格]
¥22,000(税込)~
[カラー]
ブルー/ピンク
[サイズ]
150cm×210cm~
羽毛肌掛け布団

羽毛肌掛け布団

ダウンが偏りにくいキルトを施した羽毛肌掛け布団。

[価格]
¥27,500(税込)~
[カラー]
グレージュ/ブルー/アイボリー
[サイズ]
150cm×210cm~

寒いときのプラス1アイテム

タオルケット(ガーゼパイル)

タオルケット(ガーゼパイル)

繊維長が長いオーガニックコットンを使用。手触り滑らか。

[価格]
¥8,800(税込)
[カラー]
ネイビー/ブラウン
[サイズ]
140cm×190cm

冬布団を来シーズンも快適に使うために

\ 冬布団のしまい方 /

冬布団をしまう前に

寝具の衣替えをするときは、使わない布団を一度干し、湿気をよく逃してから収納しましょう。日光が苦手な羽毛布団や羊毛布団は、カバーをつけて干すことをおすすめします。雨の降った翌日は地上から蒸発した水蒸気が多いため、今が晴天であっても、できるだけ避けたいところです。布団の素材によってお手入れ方法が異なるため、収納前には取り扱い表示をしっかり読んでおきましょう。

冬布団をしまう前に

収納について

干した布団はカバーを外します。防虫剤を入れた布団袋や使い古しのシーツで布団を包み、湿気の少ない場所に収納しましょう。押入れに収納する場合は、スノコを敷いておくと押入れの床面と布団との結露を防ぐことができます。下から、マットレス・敷き布団→毛布→掛け布団の順に重ねるのが理想的といえるでしょう。また、ダニやカビを防ぐため、使わない期間でも定期的に干すように心がけたいところです。

冬布団をしまう前に

こんな時は?

部分的に汚れている

羽毛布団の場合、できるだけクリーニングは避け、汚れた箇所を濡れた布で拭き取りましょう。拭いた後は十分に乾燥させます。クリーニングに出す場合は販売店に一度相談することをおすすめします。また、洗える布団は取り扱い表示をよく確認してから洗うようにしましょう。

買い替えのタイミング

羽毛布団の場合、次のケースが買い替えのタイミングと言われています。
・羽毛が出てきてしまった
・膨らみが弱くなった
・中身が偏ってきた
一般的には10〜15年が目安とされていますが、手入れをしながら大切に使うことで、より長く使用することも可能です。

羽毛布団を長くお使いいただくための西川のサービス

西川ではお布団の状態確認を行い、その結果からリフォームや買い替えをご提案するサービスを実施しております。お預かりした羽毛布団は中の羽毛を取り出して洗浄し、新しい側生地に包んでふっくらした状態でお客様の元へお届けいたします。

冬布団をしまう前に
冬布団をしまう前に