2019 睡眠白書 日本人の睡眠を大調査!

昨年度に続き、全国の18~79歳の男女を
対象に睡眠に対する意識・満足度を調査しました。
「働き方改革」として業務の効率化を
図る動きが高まると共に、
睡眠や休息に対する「休み方」についての
関心もさらに高まっています。

1万人の睡眠事情を調査した
睡眠の研究とは
「西川睡眠白書 2019」

  • 半数以上が不眠の疑い!昨年よりも状況悪化

    世界保健機構(WHO)が中心になって設立した「睡眠と健康に関する世界プロジェクト」 が作成した世界共通の不眠判定方法「アテネ不眠尺度」の質問に則り、1万人に調査したところ、全体の50.1%の人が 「不眠症の疑いあり」で、前年の49.3%を0.8ポイント上回る結果となりました。

  • 半数以上が不眠の疑い!昨年よりも状況悪化

社会的なストレスや不安が睡眠に影響

さらに年代別に見てみると、特に20~30代の不眠の割合が高いことから、加齢に伴う睡眠の質が低下する以上に、社会的なストレスや不安が睡眠に影響を及ぼしている可能性が明らかになりました。

お問い合わせ報道関係者の方はこちらからお問い合わせください。