Online Shop

身も心も、うるおう眠りへ。

無意識の時間は、美しさも無防備だから。
寝姿勢を正しく保ち、睡眠リズムを整える。
寝肌をストレスやダメージから守る。
内と外からアプローチする西川独自のメソッドで
眠りの質を、一日、一日の輝きの差へ。

睡眠の質を決めるのは
「黄金の90分」

お肌のターンオーバーを促すうえで大切な睡眠。
「美容睡眠®」は、睡眠が不足しがちな現代人のために開発された、
入眠してからの 約90 分間で睡眠サイクルの質をより高める西川独自のメソッドです。

※参照:「スタンフォード式 最高の睡眠」(サンマーク出版)より改変

METHOD 1

入眠ルーティンを取り入れる

睡眠の質を高めるために大切なのは副交感神経を優位にして
体を睡眠モードにすること。お風呂で体を温めてリラックスしたり、
アロマで心を落ち着かせたり。
入眠のスイッチを入れる自分のリズムをつくりましょう。

METHOD 2

寝室環境を整える

室温や湿度、明るさなど、寝室環境を整えることも副交感神経を
優位にするために大切なポイントです。また寝具によって体の周囲に
つくられる寝床内環境は、温度約 33°C、湿度約50%が理想とされています。

METHOD 3

自分に合った寝具を使う

寝返りによるまくらの摩擦や寝姿勢の乱れが肌荒れやシミ、
シワの原因になっているかも。自分の肌質や髪質に合ったカバーリングや、
快適な寝姿勢を整えてくれる寝具を選ぶことがポイントです。

気をつけたいポイント!

寝る前にお肌の手入れをしても
まくらの摩擦でだいなし。

寝返りなどでお肌が刺激を受けると
メラニンが生成され、継続的にダメージを
受け続けると正常なターンオーバー
(お肌の新陳代謝)が妨げられて
シミができる原因に。ニューミンのまくらは、
ぷるふわの柔らかな肌触りと、
頬の圧力を分散する構造でやさしく支えます。

首のシワの原因は寝姿勢かも!?
念入りにケアしてもムダになる?

まくらの高さが合わないと無理な寝姿勢で
首に負担がかかり、首のシワの原因になることも。
ニューミンのまくらは、首から背中にかけて
まくらとの隙間をなくしてバランスよく
支えるリラクゼーションラインで自然な
寝姿勢をサポートします。

睡眠時って意外と汗をかいてる。
肌着と同じ感覚でまくらも清潔に。

睡眠中、頭皮は多くの汗をかき、
ムレやすい状態。
頭皮を清潔に保つことは、抜け毛や頭皮の炎症を
予防することにつながります。
ニューミンのまくらは、優れた通気性を
発揮する通気孔でムレ感を軽減します。

睡眠から美を考える「newmine」開発の経緯

睡眠と美の深い関係

睡眠を改善すると、免疫力アップや生活習慣病予防など、さまざまな面で身体に影響を及ぼす可能性があることが証明されてきました。美容においても、睡眠時間が不足すると肌が荒れやすくなることは確かです。では、単純に睡眠時間を延ばせばよいのか?きれいになるために、忙しい毎日のなかで頑張って睡眠時間を延ばしても、その質が伴わなければ、せっかくの努力が無駄になってしまうこともあります。私たちは、睡眠時間は変えずに、睡眠の質を上げることでどれほど効果がみられるか、検証しました。結果、良質な寝具を使用して睡眠の質を改善することで、肌のうるおいやハリ、キメの数値が改善しました(Glycative Stress Research 7(1):75-87,2020)睡眠の質を上げるポイントは、一人ひとり異なります。自分だけの入眠ルーティンを取り入れること、体や季節に合わせて寝具を丁寧に選ぶこと。ポイントは、内と外からのアプローチです。

内と外からアプローチすることが
「美容睡眠®」の秘訣

睡眠の質を高めると、なぜ美しさに繋がるのでしょうか。睡眠中の体内では、様々なホルモンが身体のメンテナンスを行っています。その中の一つ、「成長ホルモン」は“若返りホルモン”とも呼ばれ、日中に受けたダメージを修復して、肌を健康な状態に導きます。成長ホルモンは、睡眠前半の深い眠りで多く分泌されるため、寝入りばなの眠りの質が関係してきます。

メラトニン分泌量

睡眠中に分泌される「メラトニン」には、“抗酸化作用”があります。肌のしわやシミ、老化の原因となる物質を抑えるはたらきがあります。成長ホルモンの分泌をうながす作用もあります。光を浴びると分泌がストップするので、入眠前や就寝時の光は要注意。

睡眠と腸のつながり

睡眠の質は腸内環境にも影響します。私たちの研究では、睡眠の質を上げることで、腸内の通称”ヤセ菌“の割合が増えることが分かりました(Glycative Stress Research 8 (2): 73-86,2021)。「ヤセ菌」は肥満の予防や改善、免疫力アップなど、健康と美容にとって嬉しいはたらきをしてくれます。

大阪医科薬科大学 皮膚科専門医
森脇教授のワンポイントアドバイス

森脇教授のコメント

大阪医科薬科大学 皮膚科専門医 
森脇教授

睡眠と美容には深い関係があります。睡眠の時間や質はもちろん大切です。一方、寝ている間の肌や髪は無防備で、ピローケースやまくら等から、知らないうちに様々な刺激を受けています。肌質にあわせたピロ―ケースや、圧力を分散するまくらなど、寝ている間に受けるダメージから肌や髪を守ることも、美容にとって重要です。睡眠の質を高めながら、寝ている間のダメージを軽減する、内と外からのアプローチが美容には必要です。

女性社員の声から生まれたブランド「newmine」

睡眠と美容が関係することを踏まえ、睡眠のスペシャリストでもある当社の女性社員たちの視点から商品アイデアに繋がったブランドです。「眠っている間にきれいになれたらいいね」「寝ている間も美容の時間にあてたいよね」そんな雑談が、ある気づきにつながったのです。「横向きに眠っている時に、頬骨あたりに圧力が集中している気がする」「確かにすごい圧力がかかっている気がする」「肌にダメージを受けているんじゃないかな、シミができたら嫌だよね」そんな声から生まれたのが「newmine(ニューミン)」というブランド。「頬にやさしい美容まくら」は、頬にかかる圧力を軽減させるという斬新なアイデアが詰め込まれています。

バスタブタオル(ガーゼ)
の使い方

お湯で濡らして、ご家庭のお風呂に
浸かりながら、肩や目を温められます

アイマスク(ガーゼ)
の使い方

お湯で濡らして、ご家庭のお風呂に
浸かりながら、目を温められます

フェイスラインカバー
の使い方

ふとんの衿にすっぽりかぶせて、
4ヶ所のクリップで固定できます。
つけ外しがしやすいように
両サイドスリット付きです。